井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキITジャーナリスト

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

懲らしめたい気持ちは分かるが…“盗人”呼ばわりは名誉毀損

公開日: 更新日:

 安倍晋三総理大臣も駆けつけた、いわゆる「赤坂自民亭事件」である。ここでも批判コメントに「税金泥棒」が多用されていた。

 議員としての歳費、経費である政務活動費は、法律の規定によって支給されるものであり、泥棒=無断で、あるいは不法に盗んだものではない。それを盗人呼ばわりとは、明らかに本人の社会的評価、評判をおとしめるものだ。名誉毀損にあたるかどうか、普通に考えればわかるだろう。

 また、元神戸市議について、政務活動費の不正受給に関する裁判は結審していたものの、この時はまだ判決は出ていない。罪と罰が司法によって確定していない状態で「犯罪者」「詐欺師」と名指しするのは、推定無罪の原則という言い方があるように、わかりやすく名誉毀損である。

 赤坂自民亭でも、SNSで発信された5日夜と、大雨警報や避難勧告が出された6日と、時系列を混同したままの批判が続出。腹が立ち、何とか懲らしめてやろうと思う気持ちは理解できるが、批判の立脚点を間違えると反撃を許してしまうし、悪くすれば罪に問われることさえあるわけだ。書き込んだ本人は、考えて吟味して選んだ言葉ではなく、勢いと思いつきで書いただけに違いない。だが、これが訴えられてしまえば、軽い気持ちで使った強い言葉の後始末をさせられることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  5. 5

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  6. 6

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    刑務官が巡回中に倒れ…自由になった受刑者が取った行動は

もっと見る