「五輪中止」描いた映画にイチャモン 自民副大臣の言い分

公開日: 更新日:

「公開中止になるのか」――。そんな臆測を呼び、話題となっている映画がある。4月から全国で公開予定の「麻雀放浪記2020」(白石和彌監督)だ。

「雀聖」と呼ばれた阿佐田哲也氏の小説を35年ぶりに再映画化。主演は人気俳優の斎藤工で、ふんどし姿を作中で披露していることもあり、ファンは公開が待ち遠しいだろうが、ナント先月31日の試写会で映画の内容に“クレーム”が入ったのだ。

 問題の試写会は、自民党の「頭脳スポーツとしての健全で安全な麻雀を推進する議員連盟」を対象に実施。出席した議連事務局長の秋元司環境副大臣が、東京五輪が中止になるという映画の設定について、「五輪競技が多く開催される江東区の出身者として腹立たしい」などと言い放ったのである。

 この“クレーム”を受け、主演の斎藤工は12日の「ベストフンドシストアワード2018授賞式」で、「設定自体がお叱りを受けています」とポツリ。「試写をしてしまうといろんな指摘を受けて、(公開予定が)ゼロになる可能性もあるので、強行していきたいなということですよね」と続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る