二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

社長の本物志向が浸透 小栗旬は「トライストーン」で開花

公開日: 更新日:

 東宝芸能など俳優を専科とした事務所は芸能界における専門店のような立ち位置にある。総合プロと違い少数精鋭で活動している事務所も多い。従来の芸能プロの創設者はバンドマン出身に始まり、今は2代目から叩き上げのマネジャーの独立組が大半を占める。

 俳優専科は現役俳優が立ち上げるケースが主流だった。三船敏郎・萬屋錦之介・勝新太郎と、そうそうたるスターが専属制の映画会社から独立。スターを慕う裏方らも集まった。スター俳優のブランド力で一時は人気を博したが、芸能プロ経営は素人感覚。金銭問題なども絡み消えていった。残っているのは石原プロぐらいである。

「俳優が芸能プロをやる場合、経営を任せられる信頼できる参謀が必要。石原プロには“小政”と呼ばれる専務が番頭として経営からドラマ制作まで陣頭指揮したことで、うまくいった。俳優とマネジャーは全く別な仕事。俳優という投手を理解できる捕手のようなマネジャーが理想です」(映画関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る