二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

ギャラ安いが…芸人を惹きつける“吉本興業ドリーム”の実態

公開日: 更新日:

 テレビで芸人を見ない日はない。バラエティーから情報番組まで多岐にわたるが、大半を占めるのは吉本芸人。すっかりお馴染みになった関西弁で個性を生かした笑いを取る。今や「吉本なくして番組はできない」とされるほどの勢力を誇る。

 吉本は創業100年を超える老舗。昔は関西の舞台やローカル番組を主体とし、東京のお笑い界とはすみ分けができていた。関西のお笑い界をほぼ独占していた吉本も、「大阪のコテコテの笑いは東京では受けへん」といわれていたが、東京進出は長年の夢だったという。

「東京から関西に出ていくと“都落ち”とみられていたが、関西から東京進出は全国制覇の道につながる」(在阪の放送記者)

 転機になったのが1980年代に放送された「オレたちひょうきん族」といわれている。当時はドリフターズの「8時だョ!全員集合」(TBS系)が土曜の夜の人気番組として定着していた領域に「楽しくなければテレビじゃない」のキャッチでフジテレビが制作したバラエティーだった。若手芸人ブームの真っただ中。関東の雄・ビートたけしと明石家さんま、島田紳助といった吉本芸人がタッグを組み、新しいお笑いの形で一大ブームを巻き起こした。特にさんまは「おもろいヤツ」と評価はさらにアップ。東京でも人気者になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る