森本レオ「第2の裕次郎」と キムタク主演映画でついに本領

公開日: 更新日:

 木村拓哉(46)の主演映画「マスカレード・ホテル」の快進撃が止まらない。すでに観客動員数は200万人、興収は26億円を突破。木村の主演作としては「検察側の罪人」(2018年)の29億円はもちろん、同じ鈴木雅之監督と組んだ「HERO」(15年)の46・7億円も射程圏内で、改めて「数字を持つ男」の本領を発揮した形だ。これまで映画俳優としてのキムタクを高く評価してきた映画批評家の前田有一氏はこう語る。

「ヒット請負人の鈴木監督のもと、長澤まさみや前田敦子、松たか子といったスター級の女優陣をはじめ豪華キャストを揃えたいわゆる『グランドホテル』形式の群像劇。この手の映画を成功させるには、彼らに負けない圧倒的カリスマを持つ主演スターが必要です。プロ意識が高い木村拓哉はその役割を自覚しているし、『コケたら全責任を負わされる』重いプレッシャーを背負いきる責任感も持っている。だから激しく個性がぶつかりあう演技合戦となった本作でも、彼がきっちり要所を締めている印象で、映画に安定感をもたらしています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る