小手伸也
著者のコラム一覧
小手伸也

1973年、神奈川県生まれ、早稲田大学卒。劇団inner child主宰、作家、演出家、俳優、声優の何でも屋。出演作にてあらゆるスパイス(?)をふりまき、さらなる弾みをつけたいともくろむ“シンデレラおじさん”。4月期は月9ドラマ「SUITS/スーツ2」(フジテレビ系)、連続ドラマW「鉄の骨」(4/18スタート)、「いいね!光源氏くん」(NHK、土曜23時30分~)に出演。

“わたおじ”の打ち上げに二次会まで参加して感じたことは…

公開日: 更新日:

 先日、某週刊誌に「私のおじさん~WATAOJI~」の打ち上げに関するゴシップが掲載され、出演者のグループLINE上では〈(ドラマの内容)まんま7話じゃないか〉と大変話題になったわけですが(笑い)、その記事によると、当日〈遠藤憲一と小手伸也は欠席だった〉そうで……。いや、僕いたんですけどね! しかも2次会まで! はい、記者も分からないほど“華がない”でお馴染みの小手伸也です。

 皆さんは「ドラマの打ち上げ」ってどんなイメージをお持ちですかね? やはりキャストがはしゃいでやりたい放題みたいな……?これは僕の数少ない経験上の印象ですが、実は打ち上げで一番はしゃぐのってスタッフさんたちなんですよね。僕はこの感じが非常に好きで、撮影中は仕事に集中し、裏方として演者と一定の距離感を守るプロフェッショナルな皆さんが、この日だけは少し小ぎれいな格好で(笑い)、うれしそうに僕らと笑い、はしゃぎまくる。僕はその喧騒を生温かく見守りつつ挨拶回りをする。これが真の打ち上げの姿です。たぶん!

 先の週刊誌に書かれていた青木さやかさんの号泣は見てないので分かりませんが、会場で一番泣いてたのは座長こと岡田結実ちゃんで、もうマイク持ってしゃべらされるたびに号泣でしたね(笑い)。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  2. 2
    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

  3. 3
    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

  4. 4
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  5. 5
    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

  1. 6
    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

  2. 7
    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

  3. 8
    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

  4. 9
    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

  5. 10
    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!

    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!