新定番「ダイナミック琉球」成底ゆう子さんを甲子園で直撃

公開日: 更新日:

 佳境を迎えた春のセンバツ。もうひとつの楽しみがアルプススタンドでの“熱戦”だ。今年も応援歌の“新定番”となった歌手・成底ゆう子さん(43)の「ダイナミック琉球」が旋風を巻き起こしている。

 特徴は歌い出しの〈〽海よ~祈りの海よ~〉のソロパートから、全員応援へとつながる構成。一昨年の春に沖縄の高校バスケの大会で応援に使われ、ソロパートを歌う女子生徒がSNSで話題になった。その後、夏の甲子園で仙台育英高が使って“全国区”に。昨夏の第100回大会で優勝校の大阪桐蔭が演奏し大ブレークした。今年のセンバツでも日章学園や松山聖陵、山梨学院が使うなど、すっかり定番曲だ。

「ダイナミック琉球」は2011年に発売された成底さんのファーストアルバム「宝~TAKARA~」(キングレコード)に収録された沖縄民謡。ユーチューブの再生回数が15万回程度だったのが、17年の夏の甲子園後は100万回、現在は300万回を超えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  9. 9

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  10. 10

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

もっと見る