新定番「ダイナミック琉球」成底ゆう子さんを甲子園で直撃

公開日: 更新日:

 佳境を迎えた春のセンバツ。もうひとつの楽しみがアルプススタンドでの“熱戦”だ。今年も応援歌の“新定番”となった歌手・成底ゆう子さん(43)の「ダイナミック琉球」が旋風を巻き起こしている。

 特徴は歌い出しの〈〽海よ~祈りの海よ~〉のソロパートから、全員応援へとつながる構成。一昨年の春に沖縄の高校バスケの大会で応援に使われ、ソロパートを歌う女子生徒がSNSで話題になった。その後、夏の甲子園で仙台育英高が使って“全国区”に。昨夏の第100回大会で優勝校の大阪桐蔭が演奏し大ブレークした。今年のセンバツでも日章学園や松山聖陵、山梨学院が使うなど、すっかり定番曲だ。

「ダイナミック琉球」は2011年に発売された成底さんのファーストアルバム「宝~TAKARA~」(キングレコード)に収録された沖縄民謡。ユーチューブの再生回数が15万回程度だったのが、17年の夏の甲子園後は100万回、現在は300万回を超えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  9. 9

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  10. 10

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る