メッセンジャー黒田有さん 文化住宅で過ごした壮絶幼少期

公開日: 更新日:

 おまけに僕、2回捨てられてるんです。1回目が1歳になる前で近所の神社、2回目は小学3年のころで近鉄奈良線の八戸ノ里駅のそば。2回ともシッカリ者の長男が僕の姿が見えんから心配して捜し出してくれたんです。

 大人になってオカンに聞いたら「あれは冗談や」と言うてたけど、冗談になってないやん(笑い)。まあ、それだけ追い詰められとったってことやね。

 文化住宅いうと、強烈なトラウマになってるのがトイレですわ。昔ながらの和式ボットン便所で、なんせウチは2階ですやろ。せやから便器の位置からクソつぼまでの距離が普通なら3メートル以上あるんです。まず、落ちたら這い上がれません。「確実に死ぬで」って言われてました。

■用を足すときはなるべく外へ

 それである程度、ウンコやオシッコがたまると市役所に電話してくみ取りがあるんやけど、お金ないから、そうそう来てもらわれへん。でも放置すると、どんどんウンコとオシッコがせり上がってきますわね。2階やのに便器の間から下をのぞくと、いつも自分の顔が水面に映っとったから、「どんだけためてんねん」て話ですわ。しかも、ただでさえ臭いボットン便所は夏場になるとアンモニア臭がキツイキツイ。目が痛くなるどころか便所の中は息がでけへんのですよ。臭いが強烈すぎて。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  8. 8

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

  9. 9

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  10. 10

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る