平均視聴率が示す「松坂桃李&吉高由里子」両ドラマの成功

公開日: 更新日:

 4月クールの連ドラでは、17日の最終回に視聴率13.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した窪田正孝主演「ラジエーションハウス」(フジテレビ系)の健闘が光り、1話完結の医療モノの強さを改めて見せつけた。

 もっとも、いまどき面白ければ録画や配信でも見る人は、見る。「一般視聴者にとって数字はさほど意味を持たない」(テレビ誌ライター)し、それが作品の評価を表すものでもない。

 テレビコラムニストの亀井徳明氏が言う。

「見やすい1話完結モノではない作品は、たしかに、“リアルタイム視聴”に結び付きにくい。でも、数字上は苦戦しているように見えても、“失敗”とは言い切れないドラマもあります。初回視聴率と全話平均に注目すると、それが見えてきます」

 たとえば、25日に最終回を迎える松坂桃李主演の「パーフェクトワールド」(同)は初回6.9%で、平均6.29%。吉高由里子主演の「わたし、定時で帰ります。」(TBS系)は初回9.5%で、平均9.39%。初回と平均の差が1ポイント以内で、亀井徳明氏は「これは成功と言っていい」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る