斎藤工もかつて出演 世界に羽ばたく“2.5次元舞台”の魅力

公開日: 更新日:

〈今や年間200万人以上が熱狂〉と、14日の日本テレビ系ニュース番組「news zero」で紹介された「2.5次元舞台」。漫画やアニメを舞台化した作品の総称で、「テニスの王子様」「パタリロ!」「刀剣乱舞」など、これまで舞台化された作品は多数。あの斎藤工志尊淳城田優らも、かつて2.5次元舞台に出演していたことで知られる。

「芸能事務所としては、もちろんこのブームの波に乗り遅れたくない。でも、実際は書類を通過することさえ狭き門なんです。あの舞台に上がるためには相当な身体能力を必要とされますから」と話すのは、芸能事務所オフィスサカイのマネジャー、矢内洋美さん。

 だが、それでも出演を夢見る役者は多いそうで、矢内さんはその理由を「2.5次元舞台は、ここ数年、海外でも上演され、評判となっています。世界へ広がる場所には、やはり夢がありますから」と話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  4. 4

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  7. 7

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

もっと見る