ジャニー喜多川氏の訃報「7月9日23時30分」解禁だったワケ

公開日: 更新日:

■SMAP解散を“抜かれた”過去が…

 同1日に嵐の松本潤がジャニー氏の病状について口にし、ジャニーズ事務所からの説明もあったため、関係者に覚悟はできていたようだが、それにしても9日夜、「23時30分にジャニー社長の訃報解禁」の情報が一斉に流れた時はザワついた。情報が出回ったのは解禁の約1時間前だったためだ。

「ジャニーズ事務所には、2016年8月にSMAP解散をネットメディアに抜かれた苦い体験があります。普段から良好な関係を築いているスポーツ紙の担当者に対しSMAP解散報道が翌日の朝刊トップになるように説明したところ、それがネットメディアに流れて拡散し、翌日のスポーツ紙の報道はサプライズ感が薄れてしまった。メディア情報の差配を得意とするジャニーズ事務所も面目を失ってしまった。その失敗を教訓にしたのが今年1月27日の嵐・活動休止の発表でした。当日の17時頃に突然、『嵐・活動休止会見』の情報が流れ、フライング報道はほとんどありませんでした。今回もフライングなく、日テレ、フジ、TBS、NHKの夜のニュースで一斉に訃報を流し、10日のスポーツ紙にも平等な形で『ジャニーさん死去』を大きく載せることができました」(スポーツ紙デスク)

 カリスマを失った途端にメディアになめられたらいけない……今回のスムーズな発表からは、事務所サイドのそんな意思も垣間見える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  2. 2

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  3. 3

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  4. 4

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  7. 7

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  8. 8

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  9. 9

    錦織圭を輩出 盛田正明氏が私財投じ財団を立ち上げた深層

  10. 10

    石原さとみと剛力彩芽 IT社長との“愛の巣”で分かれた明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る