井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

“不肖の息子”宮迫よ、闇営業に行くより映画で社会勉強しろ

公開日: 更新日:

 久しぶりの映画談議のテレビ収録仕事でタクシーに乗ったら、すぐに運転手さんからツッコまれてしまった。

「監督さん、闇営業の吉本のミヤサコって、あの『岸和田少年愚連隊』に出てたヤツでしょ? もう10回ぐらいは見たけど、監督の映画の卒業生って皆、有名になってから何かやらかして世間騒がすんだから……」

 と。こっちも答えようがない。「不肖な息子や娘ばかりですみませんな」と返すしかなかった。まあ、宮迫も「愚連隊」では熱演してくれた一人だし、これからの人生、猛省して生きていけと言うしかないな。

 それにしても、お笑い芸人たちは番組レギュラーを何本も持っているなら、わざわざ、めんどくさい闇営業などしなくても何不自由なく暮らしていけるのに、なんでそこまでカネが欲しいのか分からない。「愚連隊」に出演して以後、売れて有名になったお笑いコンビたちは年間に億を稼ぐ“セレブもどき芸人”に成り上がった。年に数億なら20年間で数十億円の貯金や資産は残してるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

  10. 10

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

もっと見る