井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

“不肖の息子”宮迫よ、闇営業に行くより映画で社会勉強しろ

公開日: 更新日:

 久しぶりの映画談議のテレビ収録仕事でタクシーに乗ったら、すぐに運転手さんからツッコまれてしまった。

「監督さん、闇営業の吉本のミヤサコって、あの『岸和田少年愚連隊』に出てたヤツでしょ? もう10回ぐらいは見たけど、監督の映画の卒業生って皆、有名になってから何かやらかして世間騒がすんだから……」

 と。こっちも答えようがない。「不肖な息子や娘ばかりですみませんな」と返すしかなかった。まあ、宮迫も「愚連隊」では熱演してくれた一人だし、これからの人生、猛省して生きていけと言うしかないな。

 それにしても、お笑い芸人たちは番組レギュラーを何本も持っているなら、わざわざ、めんどくさい闇営業などしなくても何不自由なく暮らしていけるのに、なんでそこまでカネが欲しいのか分からない。「愚連隊」に出演して以後、売れて有名になったお笑いコンビたちは年間に億を稼ぐ“セレブもどき芸人”に成り上がった。年に数億なら20年間で数十億円の貯金や資産は残してるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る