碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

「やすらぎの刻~道」どうしても気になる石坂浩二の演技

公開日: 更新日:

 4月に放送を開始した倉本聰脚本「やすらぎの刻~道」が、先週末に100回を迎えた。

「やすらぎの郷」の続きである“現代編”と、菊村栄(石坂浩二)が書いているシナリオ「道」の“脳内ドラマ編”が並行して進んでいる。

 戦時中の庶民の苦難を描く「道」はもちろん、現代編もまた刺激的だ。先日は、「やすらぎの郷」に住む往年のスターたちがバラエティー番組に出演した。人気タレントの豊臣家康(木下ほうか)が司会の「お笑い大将」だ。スタジオでは、家康を大将と呼ぶ「たけし軍団」、いや「豊臣軍団」が、桂木怜子(大空眞弓)らの大女優を笑いものにしようとする。怒った高井秀次(藤竜也)たちは無礼な軍団を成敗してしまう。それは視聴率優先のテレビに対する倉本の鉄拳でもあった。

 そんな現代編で、どうしても気になることがある。石坂浩二の演技だ。たとえば、人形作家・与勇輝の作品を見て感動するのだが、その表情がオーバーで、見ている側が逆にしらけてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  3. 3

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  4. 4

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  7. 7

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  8. 8

    熱海の空き家がなんと「1円」…購入はお宝か、お荷物か?

  9. 9

    昔はリクルートで食べている物書きがたくさんいた

  10. 10

    「利他」の落とし穴とブームへの懸念 伊藤亜紗氏に聞いた

もっと見る