碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

「やすらぎの刻~道」どうしても気になる石坂浩二の演技

公開日: 更新日:

 4月に放送を開始した倉本聰脚本「やすらぎの刻~道」が、先週末に100回を迎えた。

「やすらぎの郷」の続きである“現代編”と、菊村栄(石坂浩二)が書いているシナリオ「道」の“脳内ドラマ編”が並行して進んでいる。

 戦時中の庶民の苦難を描く「道」はもちろん、現代編もまた刺激的だ。先日は、「やすらぎの郷」に住む往年のスターたちがバラエティー番組に出演した。人気タレントの豊臣家康(木下ほうか)が司会の「お笑い大将」だ。スタジオでは、家康を大将と呼ぶ「たけし軍団」、いや「豊臣軍団」が、桂木怜子(大空眞弓)らの大女優を笑いものにしようとする。怒った高井秀次(藤竜也)たちは無礼な軍団を成敗してしまう。それは視聴率優先のテレビに対する倉本の鉄拳でもあった。

 そんな現代編で、どうしても気になることがある。石坂浩二の演技だ。たとえば、人形作家・与勇輝の作品を見て感動するのだが、その表情がオーバーで、見ている側が逆にしらけてしまう。

 また自分の生き方に悩むシーンでは、手をバタバタさせたり、頭を抱え込んだり。つまり演技全体が古くさいのだ。他の俳優や女優がクセのあるキャラクターを自然に演じているだけに、何とも浮いた芝居になっている。

 主演の大ベテランには言いづらいかもしれないが、ここは演出側の出番ではないだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  2. 2
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3
    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

  4. 4
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  5. 5
    部下の女性に睡眠薬飲ませ…自宅タワマンに連れ込み凌辱繰り返した悪徳美容外科医の卑劣

    部下の女性に睡眠薬飲ませ…自宅タワマンに連れ込み凌辱繰り返した悪徳美容外科医の卑劣

  1. 6
    7.10参院選は岸田自民に逆風…情勢一変で気になる「あの有名比例候補」の当落予想

    7.10参院選は岸田自民に逆風…情勢一変で気になる「あの有名比例候補」の当落予想

  2. 7
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  3. 8
    出所後カジノで9億円を失い…大王製紙元会長・井川意高氏が明かす「バカラED」

    出所後カジノで9億円を失い…大王製紙元会長・井川意高氏が明かす「バカラED」

  4. 9
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

  5. 10
    ヤクルト村上に打撃成績ブッちぎられ…巨人岡本が「年俸&メジャー挑戦」でも逆転される日

    ヤクルト村上に打撃成績ブッちぎられ…巨人岡本が「年俸&メジャー挑戦」でも逆転される日