碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

「やすらぎの刻~道」どうしても気になる石坂浩二の演技

公開日: 更新日:

 4月に放送を開始した倉本聰脚本「やすらぎの刻~道」が、先週末に100回を迎えた。

「やすらぎの郷」の続きである“現代編”と、菊村栄(石坂浩二)が書いているシナリオ「道」の“脳内ドラマ編”が並行して進んでいる。

 戦時中の庶民の苦難を描く「道」はもちろん、現代編もまた刺激的だ。先日は、「やすらぎの郷」に住む往年のスターたちがバラエティー番組に出演した。人気タレントの豊臣家康(木下ほうか)が司会の「お笑い大将」だ。スタジオでは、家康を大将と呼ぶ「たけし軍団」、いや「豊臣軍団」が、桂木怜子(大空眞弓)らの大女優を笑いものにしようとする。怒った高井秀次(藤竜也)たちは無礼な軍団を成敗してしまう。それは視聴率優先のテレビに対する倉本の鉄拳でもあった。

 そんな現代編で、どうしても気になることがある。石坂浩二の演技だ。たとえば、人形作家・与勇輝の作品を見て感動するのだが、その表情がオーバーで、見ている側が逆にしらけてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  6. 6

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る