碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

「これは経費で落ちません!」は多部未華子にピッタリの作

公開日: 更新日:

 ドラマ10「これは経費で落ちません!」の舞台は中堅のせっけん会社。森若沙名子(多部未華子)は経理部員だ。

 毎回、沙名子が何らかの不正や疑惑に気づくことで物語が動きだす。経費で購入した高級ブランド品や撮影機材の私的流用。取引先との契約更新を利用した不正。請求書や領収書に隠された真実を見抜く力が抜群なのだ。

 とはいえ同じ会社の人間がしたことであり、時には深く追及しないほうがいい場合もある。沙名子は「うさぎを追うな!」と自分に言い聞かせたりするが、やはり不正を放ってはおけない。それが「経理部の仕事」だからだ。また、そんな沙名子のおかげで、当事者が決定的なダメージを受けずに済むこともある。このあたりの“機微”の描き方も見どころのひとつだ。

 沙名子が持つ生真面目さ、情に流されない正義感、そして本当の意味の優しさ。そんなキャラクターが多部未華子にピッタリで、一昨年の秀作「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」(NHK)に並ぶ適役といえる。朝ドラ「つばさ」でヒロインを務めたのが10年前。アラサーとなり、さまざまな大人の女性に挑戦する攻めの姿勢に拍手だ。

 そうそう、先週の放送にベッキーが登場した。彼女が演じる小ズルイ社長秘書と、経理部の新メンバー・麻吹(江口のりこ)との、ハブとマングースのような壮絶バトル。ぜひ続きが見てみたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  8. 8

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  9. 9

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る