干されていた元SMAP3人は年末年始特番で出番が増えるのか

公開日: 更新日:

 この時期、各テレビ局では年末年始の特別番組の企画が固まり、制作部門のプロデューサーやディレクターはキャスティングや収録に忙しいが、今年はとくに頭の痛い問題があるという。働き方改革で、スタッフたちの作業時間に制約があるだけでなく、政府の公正取引委員会の目を気にしなければならないのだ。

 公取委は8月に、「芸能事務所が独立したタレントを使わないようにテレビ局に圧力をかけるのは独占禁止法違反」という指針を提示したが、使わないテレビ局も、持ちつ持たれつの関係とみられているからである。

 具体的には、SMAPの稲垣吾郎草彅剛香取慎吾ジャニーズ事務所をやめた後、地上波テレビのレギュラー番組が、次々になくなったことを問題視していて、“改善”がみられないようなら、次はテレビ局がやり玉に挙がるのは必至だ。

「お役所の政府が、芸能界やテレビのことがわかるのかとナメていたら大間違いです。専門の研究員がいて、関係者を呼んで事情聴取をするんです。この年末年始に、相変わらず元SMAP3人の出演がまったくないようなら、注意を受けるかもしれませんね」(テレビ番組制作会社幹部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  3. 3

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  4. 4

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  5. 5

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  8. 8

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  9. 9

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  10. 10

    加藤官房長官“ジャラジャラ”手首に目がクギ付け 「何の願掛け?」と記者たちで話題に

もっと見る