たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

公開日: 更新日:

 実は俺、店がここに越してきた2000(平12)年、54歳のときに脳梗塞で倒れたんだ。右半身が全く動かない状態になって、仕事はもちろん歩くことさえできなくなった。幸い脳はしっかりしていたから言葉は大丈夫だったんだけど、一時は死ぬことばかり考えていたよ。でも、バカ野郎、これで終わってたまるかって、3年ほど必死にリハビリして、奇跡的に復活した。

 俺が浅草に来た頃は、劇場や映画館がたくさんあってね。浅草は活気がある町だったんだ。でも、徐々に劇場が減ってしまった。ほんで、自分を育ててくれた浅草のお笑いの灯も絶対に復活させてやるぞって「浅草がんばる会」を立ち上げたんだ。

 最近は、若いヤツらが頑張って、浅草のお笑いが復活してきた。漫才協会のナイツを筆頭に、ロケット団、宮田陽・昇、ホンキートンク、この4組を俺は「四天王」と呼んでるんだ。それに続いて、ねづっちや木曽さんちゅう、U字工事なんかも頑張ってる。さらに新宿カウボーイや先日の「漫才大会」で王座を獲得した母心らも伸びている。まさに「鯨を食って芸を磨け!」だよ。それに負けじと青空球児・好児がナイツと「漫才頂上決戦」をやったり、おぼん・こぼんが仲が悪いとかって話題になったりさ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る