桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

新型コロナウイルスで不安を煽るだけのテレビ番組に辟易

公開日: 更新日:

新型コロナウイルス報道」に辟易している。騒ぎ過ぎなどと言おうもんなら、非国民呼ばわりされそうな勢いだ。

 やっていることはどこも「マスクしろ」「手洗いしろ」「うがいしろ」と今月の目標を決める学級会かというようなことで、「マスクの正しいつけ方」や「手洗いの正しいやり方」などこれまた保健体育レベルを繰り返すばかり。マスク不足については早朝のドラッグストア前の行列を映し不安を煽る。「トイレットペーパー不足」「ティッシュペーパー不足」「紙おむつ不足」「ナプキン不足」といった紙関係にとどまらず、免疫を高める納豆も不足だって。

 それもこれもいまだ原因不明で特効薬もなく有効な対策もない不安感からきているのだろう。メディアは不安感を軽減させる報道をすべきなのに逆に煽る。全国の「小中高一斉休校」要請では「両親共働きの子供はどうする?」「親が働けなくなる」ときた。夏休みはどうしていたのだろうと素朴な疑問が湧いた。昔と事情が違うのはわかるが、休校になって喜んだ子供時代を思い出した。

■置物状態のジャニーズのキャスター

 ワイドショーはタレントを安易にキャスターに仕立てたツケが回っている。テレビ朝日系の土曜朝の「週刊ニュースリーダー」と日曜朝「サンデーLIVE!!」のジャニーズキャスター。どちらも進行はテレ朝のアナが務め、城島茂はスタジオでは置物状態。東山紀之も「このピンチをね、みんなの知恵でチャンスに」と上っ面発言。「ピンチをチャンスに」って中小企業の社長か。

 中山秀征、中丸雄一の「シューイチ」(日本テレビ系)など最初から諦めているのか、トップニュースが“NYでマリオ体験”って、これはこれでどうなの?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず