塩澤実信
著者のコラム一覧
塩澤実信ノンフィクション作家

長野県生まれ。双葉社取締役編集局長などを歴任。レコード大賞元審査員。「昭和の流行歌物語」「昭和歌謡 100名曲」など著書多数。

「夜霧よ今夜も有難う」は石原裕次郎を窮地から救った

公開日: 更新日:

 石原裕次郎は、NHKの紅白歌合戦には歌手として出場していない。

「嵐を呼ぶ男」「俺は待ってるぜ」「赤いハンカチ」「銀座の恋の物語」、そして「夜霧よ今夜も有難う」など数多くのヒット曲を飛ばしながら、「歌は素人だから」というのが理由だ。その矜持を通した男だった。

 裕次郎の代表曲の一つである「夜霧よ今夜も有難う」を作詞・作曲した浜口庫之助は生前、私に「裕ちゃんは歌はうまくない。が、おいしい歌を歌える人ですよ」と語っていた。

 自称“素人歌手”は、ホロ酔い気分でないとテレビでは歌えないと、ビールを飲んで臨んだとの逸話もあった。それが「おいしい歌」になっていたのかもしれない。

■巨額納税が迫り大ヒット曲が欲しかった


 さて、代表曲である「夜霧よ今夜も有難う」の秘話である。この歌は、浜口がじかに作詞・作曲を依頼され、二つ返事で引き受けて誕生したものである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る