塩澤実信
著者のコラム一覧
塩澤実信ノンフィクション作家

長野県生まれ。双葉社取締役編集局長などを歴任。レコード大賞元審査員。「昭和の流行歌物語」「昭和歌謡 100名曲」など著書多数。

「夜霧よ今夜も有難う」は石原裕次郎を窮地から救った

公開日: 更新日:

 石原裕次郎は、NHKの紅白歌合戦には歌手として出場していない。

「嵐を呼ぶ男」「俺は待ってるぜ」「赤いハンカチ」「銀座の恋の物語」、そして「夜霧よ今夜も有難う」など数多くのヒット曲を飛ばしながら、「歌は素人だから」というのが理由だ。その矜持を通した男だった。

 裕次郎の代表曲の一つである「夜霧よ今夜も有難う」を作詞・作曲した浜口庫之助は生前、私に「裕ちゃんは歌はうまくない。が、おいしい歌を歌える人ですよ」と語っていた。

 自称“素人歌手”は、ホロ酔い気分でないとテレビでは歌えないと、ビールを飲んで臨んだとの逸話もあった。それが「おいしい歌」になっていたのかもしれない。

■巨額納税が迫り大ヒット曲が欲しかった


 さて、代表曲である「夜霧よ今夜も有難う」の秘話である。この歌は、浜口がじかに作詞・作曲を依頼され、二つ返事で引き受けて誕生したものである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  8. 8

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  9. 9

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る