北川昌弘
著者のコラム一覧
北川昌弘女性アイドル研究家

1988年の「NIPPONアイドル探偵団」(宝島社)出版を皮切りに、アイドルから若手女優まで、幅広く精通するアイドル研究の第一人者。研究データの収集・分析のため、精力的に芸能イベントで取材活動を続けている。

古川藍は国際映画祭で助演女優賞受賞を受賞した本格派

公開日: 更新日:

古川藍(34)

 映画「ひとくず」という児童虐待をモチーフとした映画の出演する古川藍。2020年ロンドン国際映画祭でグランプリ&主演男優賞(上西雄大)W受賞をはじめ、各国の映画祭で絶賛の嵐状態の作品で、2019年ニース国際映画祭で助演女優賞(古川藍)も受賞している話題作です。

 食べる物もなく、電気もガスを止められた家に置き去りされた少女・鞠(小南希良梨)。

 その家に犯罪を重ねる破綻者の金田(上西雄大)が空巣に入るところが映画は始まります。なんて見る目がない空巣なのかと思いましたが…鞠は母親・北村凜(古川藍)の恋人からひどい虐待を受けつつも、母親の元を離れようとしない。とにかく凄まじい内容というか、展開というか、世界にインパクトを与えたのは間違いない作品です。恋人が子供を虐待しても、止められず恋人を愛し続けるとんでもない母親ではありますが、それでも子供からは愛されている北村凜を演じたのが、この古川藍。これだけ難しい役で、説得力のある存在感を示したのは見事。舞台や映画出演が主で、私はいままでノーマークでしたが、これからいろんなところで活躍してくれるのではと思います。

 本作の監督、脚本、編集、主演、プロデューサーの上西雄大さんが設立した劇団テンアンツ、そして芸能事務所10ANTの所属のようですが、その公式サイトの会社概要では、代表欄に古川藍サンの名前があり、若くしてリーダーシップのある立場の方でもあるようです。また鞠役の小南希良梨チャンも可愛いく、しかも演技が半端ない。とにかく映画「ひとくず」は要チェックかと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  8. 8

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  9. 9

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  10. 10

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

もっと見る