北川昌弘
著者のコラム一覧
北川昌弘女性アイドル研究家

1988年の「NIPPONアイドル探偵団」(宝島社)出版を皮切りに、アイドルから若手女優まで、幅広く精通するアイドル研究の第一人者。研究データの収集・分析のため、精力的に芸能イベントで取材活動を続けている。

古川藍は国際映画祭で助演女優賞受賞を受賞した本格派

公開日: 更新日:

古川藍(34)

 映画「ひとくず」という児童虐待をモチーフとした映画の出演する古川藍。2020年ロンドン国際映画祭でグランプリ&主演男優賞(上西雄大)W受賞をはじめ、各国の映画祭で絶賛の嵐状態の作品で、2019年ニース国際映画祭で助演女優賞(古川藍)も受賞している話題作です。

 食べる物もなく、電気もガスを止められた家に置き去りされた少女・鞠(小南希良梨)。

 その家に犯罪を重ねる破綻者の金田(上西雄大)が空巣に入るところが映画は始まります。なんて見る目がない空巣なのかと思いましたが…鞠は母親・北村凜(古川藍)の恋人からひどい虐待を受けつつも、母親の元を離れようとしない。とにかく凄まじい内容というか、展開というか、世界にインパクトを与えたのは間違いない作品です。恋人が子供を虐待しても、止められず恋人を愛し続けるとんでもない母親ではありますが、それでも子供からは愛されている北村凜を演じたのが、この古川藍。これだけ難しい役で、説得力のある存在感を示したのは見事。舞台や映画出演が主で、私はいままでノーマークでしたが、これからいろんなところで活躍してくれるのではと思います。

 本作の監督、脚本、編集、主演、プロデューサーの上西雄大さんが設立した劇団テンアンツ、そして芸能事務所10ANTの所属のようですが、その公式サイトの会社概要では、代表欄に古川藍サンの名前があり、若くしてリーダーシップのある立場の方でもあるようです。また鞠役の小南希良梨チャンも可愛いく、しかも演技が半端ない。とにかく映画「ひとくず」は要チェックかと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

  10. 10

    習近平はヒトラーになるのか 中国の自信はファシズムの萌芽

もっと見る