手越祐也が“逆ギレ退所”…来年3月を待たずタッキーに反旗

公開日: 更新日:

 逆ギレして事務所を飛び出した格好だ。ジャニーズ事務所は6月19日、NEWSの手越祐也(32)が同日付でグループを脱退し、専属契約を終了すると発表した。

 火種はくすぶっていた。新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言中の4月下旬に手越が自宅に女性を招き、飲み会を開いていたと報道され、その直後に六本木で朝まで飲み歩いている姿が報じられた。5月26日、ジャニーズ事務所はついに手越の芸能活動休止を発表。厳しい〝お灸〟を据えようとしていた矢先の電撃退所である。

「手越からすれば身を粉にして地盤沈下が進むNEWSをけん引してきたのに、その功績はまったく評価されず、一方的に断罪した事務所の滝沢秀明副社長に腹立たしい気持ちがあるのでしょう。本来は来年3月の契約更新のタイミングで退所する予定でしたが、それを待たずに退所に踏み切ったのは彼の怒りの表れです」(芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄氏)

 手越は数年前から、新しい人生設計を練っていたという話もある。先日、シングルマザーとその子供に無償でお弁当を届けるボランティア活動に励む姿が報じられたが、このプロジェクトを推進する実業家に飲食経営のノウハウなどを学んでいるという。将来的にもっと大きな事業を手掛ける野望もあるそうだ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路