著者のコラム一覧
田中幾太郎ジャーナリスト

1958年、東京都生まれ。「週刊現代」記者を経てフリー。医療問題企業経営などにつ いて月刊誌や日刊ゲンダイに執筆。著書に「慶應幼稚舎の秘密」(ベスト新書)、 「慶應三田会の人脈と実力」(宝島新書)「三菱財閥 最強の秘密」(同)など。 日刊ゲンダイDIGITALで連載「名門校のトリビア」を書籍化した「名門校の真実」が好評発売中。

“福島三羽ガラス”」最大のヒット曲は戦時歌謡「暁に祈る」

公開日: 更新日:

 8月14日から「エール」再放送シリーズも第9週に入った。第8週で早稲田大応援歌「紺碧の空」を書き上げ、ようやく自信を取り戻した主人公・古山裕一(窪田正孝)。第9週では幼なじみの古山、村野鉄男(中村蒼)、佐藤久志(山崎育三郎)の3人が揃う。

 この3人のモデルは古関裕而、作詞家・野村俊夫、歌手・伊藤久男。ドラマでは「福島三羽ガラス」という呼称を使っているが、3人とも日本コロムビアの専属だったので、実際は「コロムビア三羽ガラス」と呼ぶことが多かったようだ。非常に仲がよく、ドラマでも描かれている通り、3人でヒット曲を出そうと誓い合っていた。

 古関の最初のレコードとなった「福島行進曲」は野村の作詞。野村にとっても初めてのレコードだった。だが、歌ったのは残念ながら伊藤ではなく、別の歌手だった。

 なかなかレコードを出せず、売れなければコロムビアをクビになるかもしれないという恐怖があった古関は、福島行進曲のキャンペーンに精力的に取り組んだ。自身も学生時代によく通った福島市の楽器店では、楽譜抽選会も開いている。当たった購入者20人に直筆の楽譜をプレゼントしたのだ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方