田中幾太郎
著者のコラム一覧
田中幾太郎ジャーナリスト

1958年、東京都生まれ。「週刊現代」記者を経てフリー。医療問題企業経営などにつ いて月刊誌や日刊ゲンダイに執筆。著書に「慶應幼稚舎の秘密」(ベスト新書)、 「慶應三田会の人脈と実力」(宝島新書)「三菱財閥 最強の秘密」(同)など。

“福島三羽ガラス”」最大のヒット曲は戦時歌謡「暁に祈る」

公開日: 更新日:

 8月14日から「エール」再放送シリーズも第9週に入った。第8週で早稲田大応援歌「紺碧の空」を書き上げ、ようやく自信を取り戻した主人公・古山裕一(窪田正孝)。第9週では幼なじみの古山、村野鉄男(中村蒼)、佐藤久志(山崎育三郎)の3人が揃う。

 この3人のモデルは古関裕而、作詞家・野村俊夫、歌手・伊藤久男。ドラマでは「福島三羽ガラス」という呼称を使っているが、3人とも日本コロムビアの専属だったので、実際は「コロムビア三羽ガラス」と呼ぶことが多かったようだ。非常に仲がよく、ドラマでも描かれている通り、3人でヒット曲を出そうと誓い合っていた。

 古関の最初のレコードとなった「福島行進曲」は野村の作詞。野村にとっても初めてのレコードだった。だが、歌ったのは残念ながら伊藤ではなく、別の歌手だった。

 なかなかレコードを出せず、売れなければコロムビアをクビになるかもしれないという恐怖があった古関は、福島行進曲のキャンペーンに精力的に取り組んだ。自身も学生時代によく通った福島市の楽器店では、楽譜抽選会も開いている。当たった購入者20人に直筆の楽譜をプレゼントしたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    NY州の資格持つ日本人弁護士「小室圭さんが働きながら勉強していても上司は大目に見てくれない」

    NY州の資格持つ日本人弁護士「小室圭さんが働きながら勉強していても上司は大目に見てくれない」

  2. 2
    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

  3. 3
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    鬼束ちひろ容疑者“お騒がせ歌姫”奇行の果て…救急車を蹴飛ばし現行犯逮捕→薬物検査の衝撃

    鬼束ちひろ容疑者“お騒がせ歌姫”奇行の果て…救急車を蹴飛ばし現行犯逮捕→薬物検査の衝撃

もっと見る

  1. 6
    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

  2. 7
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

  3. 8
    “奇行歌姫”鬼束ちひろ起用で早くも話題 来年公開の「トリック劇場版」

    “奇行歌姫”鬼束ちひろ起用で早くも話題 来年公開の「トリック劇場版」

  4. 9
    秋篠宮家への逆風再び…悠仁さま「超進学校」への入学は“特別扱い”なのか

    秋篠宮家への逆風再び…悠仁さま「超進学校」への入学は“特別扱い”なのか

  5. 10
    大麻逮捕の元HKT谷口愛理 脱退後の“ギャル”激変とワル素顔

    大麻逮捕の元HKT谷口愛理 脱退後の“ギャル”激変とワル素顔