並木まきさん 元“美人過ぎる市議”は超売れっ子ライターに

公開日: 更新日:

「『美人すぎる市議』という触れ込みでメディアに出ていた以上、美にはこだわっていたかったんです。でも当時はとても忙しく、なかなか時間がとれませんでした」

 その経験から生まれたのが、時間や手間をかけずに美を追求する「時短美容」という考えだった。

認知症を患っていた祖母にメークをしてあげたら喜んでくれて。『美』は女性を元気づけてくれるんです」

 さて、東京都杉並区に生まれた並木さんは、父の仕事の都合で6歳までシドニーで過ごした。小さいころは「甘えん坊で泣き虫だった」(並木さん)が、法律事務所や専門学校勤務を経て、28歳の若さで千葉県市川市議選に立候補する。

 出馬のきっかけは04年の新潟中越地震だった。

「ペットを連れていたために避難所に入れず、車中生活をしていた方が、エコノミー症候群で亡くなられたという報道を見て、居ても立ってもいられなくなったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  4. 4

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  7. 7

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  8. 8

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  9. 9

    篠原涼子が忘れられなかったスポットライトの快感…妻の座を捨て次なる高みに

  10. 10

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

もっと見る