松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

公開日: 更新日:

「連ドラ好きに評価の高いTBS火曜10時枠での“初主演”は、松岡さんにとって3つの“ハンディキャップ”を抱えることになってしまいました」と話すのは、テレビコラムニストの亀井徳明氏。

 もともと全8話を通じてキャラクターの変化を伝える演技を予定していたはずが、それができないままになってしまったことが1つ目。2つ目はネット上の反応でも分かるように、共演の三浦さんの“遺作”としての意味合いが強くなってしまったこと。

 そして3つ目として、大ヒットした同枠の前作「わたナギ」を挙げる亀井氏がこう続ける。

「松岡さんの今回の役どころは“優秀な経理部員”ですが、経理部員と言えば『わたナギ』主演の多部未華子さんが演じて好評だったNHKドラマ『これは経費で落ちません!』(2019年)を連想して比較する視聴者も多いでしょう。作品そのものの評価以前に、他の要素に引っ張られてしまうのは、“初主演作”としてちょっと気の毒ですね」

 その心境は知る人のみぞ知るところだが、22日に第2話が放送される。全4話通じての視聴者の反響やいかに?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  5. 5

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  6. 6

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  7. 7

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

もっと見る