テレ朝がすがる沢口靖子 米倉失速で“新・ドラマの女王”に

公開日: 更新日:

 かつてテレビ朝日で“ドラマの女王”ともてはやされた女優・米倉涼子(45)の栄光も過去の遺物になってしまうのか。米倉は先ごろ、2021年に配信されるNetflixオリジナルドラマ「新聞記者」に主演することが明らかになった。これが意味することをさる芸能関係者はこう話す。

「10月期に予定されていた『ドクターXシーズン7』の制作が完全に白紙になったということだ。来年以降も新シリーズの制作は実現しないでしょう。米倉にしてみればスピンオフドラマ『ドクターY~外科医・加地秀樹~』にカメオ出演したことで義理がたったという認識なんです」

 そんなテレ朝にとっていまや“新・ドラマの女王”とあがめられているのがいまだ第一線で活躍する沢口靖子(55)。この10月からスタートする「科捜研の女season20」では再び主役を務める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  10. 10

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

もっと見る