吉高由里子こそ「危険なビーナス」演技次第で評価真っ二つ

公開日: 更新日:

「吉高さんは、どんな役柄でもこなせる演技力がありますが、ちょっと不思議な女優さんで、トーンを抑えた演技の方が断然、視聴者のウケがいいんです」と話すのは、ドラマウオッチャーで芸能ライターの山下真夏氏。

「吉高さん」とは、11日にスタートしたTBS系日曜劇場「危険なビーナス」(夜9時)で、主人公の獣医・手島伯朗(妻夫木聡)の「弟の妻」を名乗る“謎のヒロイン”矢神楓を演じる吉高由里子(32)のことだ。

 ドラマの初回の世帯平均視聴率は14・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好発進。

「最終回が30%台の『半沢直樹』の“次”ということでも注目されましたが、14%台なら合格点以上。スタッフは胸をなで下ろしています。妻夫木さんの16年ぶりの日曜劇場主演、原作があの東野圭吾氏の同名小説と話題性は十分。当然といえば当然の結果でしょうね」(テレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  3. 3

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  6. 6

    GoTo後手後手見直し 菅政権「責任丸投げ」に知事カンカン

  7. 7

    スガ政権、東京はコロナウイルス実験のシャーレではない

  8. 8

    松坂慶子の父は最後まで結婚反対し孫を見ることもなく他界

  9. 9

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る