二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

芸妓と財界人の醜聞追う先輩に経費が足りないと呼び出され

公開日: 更新日:

 取材で欠かせないのが時間と経費。NHKを見ていると、「1年がかりで密着した」という触れ込みのドキュメンタリー番組がある。それだけ時間をかけた番組は「面白い」し「凄い」と思う。

 半面、「1時間番組のためにそれだけの時間と経費と人を使える。羨ましい」と同業他社の声もある。

 日々起きるニュースと違い、深く掘り下げた話やスクープは一日にしてできる仕事ではない。時間と経費が必要。はたから見れば「羨ましい」と思えることも、当事者にとってはある種のプレッシャーだ。時間と金を使って「ダメでした」はないからだ。

 横領事件で刑期を終えた女性銀行員の独占告白をスクープした先輩記者がいた。告白を取るまでに1カ月余り要した。実家は京都のため近くのホテルに長期滞在。やることは来る日も来る日も毎日、午前中に実家を訪ねるだけだったという。午後からすることがない。京都を散策するなど、ぼんやりした日々は1カ月続いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  6. 6

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  7. 7

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  10. 10

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

もっと見る