テレ朝が果敢に挑む「放送開始15分フライング」狙いと効果

公開日: 更新日:

 テレビ朝日が平日午後7時台のバラエティーのスタートを15分繰り上げて1カ月、果たして首尾はどうだったか。結果は1勝3敗1分け。フライングスタートは正時から数分前というのが各局の暗黙の了解だったから、15分は異例である。

「各局、夕方から7時までのニュース・情報番組が横並びで放送されていたのですが、6時台後半になると、飽きられてザッピングが始まるんです。そして、結局はNHKのニュース7にもっていかれてしまう。テレ朝は6時45分スタートで、そうした視聴者をいち早くバラエティーで取り込む作戦に出たわけです」(テレビ雑誌デスク)

 金曜の「ザワつく!金曜日」は15分繰り上げてから、世帯視聴率の週間ランキングで10位以内に顔を出すようになった。

 これは「大幅フライング」の効果かもしれない。しかし、月曜の「帰れマンデー見っけ隊!!」は「有吉ゼミ」(日本テレビ系)、水曜の「あいつ今何してる?」は「東大王」(TBS系)や「有吉の壁」(日テレ系)、木曜の「日本人の3割しか知らないこと」は「プレバト!!」(TBS系)など、7時スタートのライバル番組を追い抜けない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

もっと見る