大下容子アナは50歳 死語になった「女子アナ30歳定年説」

公開日: 更新日:

 テレビ朝日の役員待遇のエグゼクティブアナウンサーで、「大下容子ワイド!スクランブル」でMCを務める大下容子アナ(50)が、ウェブサイト「telling,」のインタビューで「女子アナ30歳定年説」が唱えられていたころの自身の悩みや戸惑いを吐露している。

 大下アナは、28歳から「ワイド!スクランブル」に出演していたが、30歳の誕生日の直前には、「アナウンサーとして、もうダメなのかな」と思ったこともあったそうだ。

 また、雑誌で「最も地味なアナウンサー」と書かれたこともあり、“自分は華がない”と自覚しており、自分とは対極のキラキラしたアナには憧れを持っていたという。今は「この年齢で女性アナウンサーが番組に出ることは、入社当時は考えられませんでした。とてもありがたく感じています」と語る。

 ソフトな語り口が人気の大下アナは、慶応大学を卒業後、1993年、同局に入社。当時、日本テレビでは永井美奈子・藪本雅子・米森麻美らの女子アナユニット「DORA」が「夜も一生けんめい。」でミニスカート姿で歌い、フジテレビでは88年入社の有賀さつき、河野景子八木亜希子の3人が「花の三人娘」としてもてはやされていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  4. 4

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る