日テレ“感染者ZERO”を継続中!他局が舌巻く完全コロナ対策

公開日: 更新日:

 こうした大型特番の成功の鍵を握っているのが、いまやテレビ界では隠れたバイブルとしてその存在が知られているという、200ページから構成される日テレの「コロナ感染対策マニュアル」だ。

■数千万円単位の費用がかかっている

「日テレには診療所があり、番組スタッフは全員事前、または収録中にPCR検査を義務付けられる。この経費だけで数千万円。さらに手袋やサージカルマスク、フェースガードの装着や携帯消毒液を皆、携行しています。病院並みの感染対策が実施されている。消毒方法は当然記載がありますが、スタッフ配置、カメラ割り、さらには有効な空調対策なども、医療やメーカー関係者の協力を得て作成したんです。最終的には一冊にまとめ上げるのに数千万円近くの費用がかかっています」(編成関係者)

 すでに日テレは今年8月の「24時間テレビ」に向け準備を始めているという。コロナ感染者ゼロ記録はどこまで続くのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る