22歳定年のジャニーズJr.だが…失廃業以外に生きる道アリ

公開日: 更新日:

 ジャニーズ事務所が「ジャニーズJr.」の制度を一部改定し、活動に年齢制限を設けることを発表して話題だ。新制度は準備期間を経て、2023年3月31日から適用。満22歳到達後の最初の3月31日までに活動継続について事務所と合意に至らない場合は、ジャニーズJr.の活動を同日で終了するという。

「おそらく、きっかけは昨年10月にジャニーズJr.内のグループ・宇宙Sixの30代のメンバーが違法スロット店に出入りしているのを報じられてクビになり、ユニットが解散した一件。長年ジャニーズにいると、ある程度仕事があるため気が緩んでしまうJr.が多い。藤島ジュリー社長と滝沢副社長がそんな現状を改善するために改革に踏み切ったのでしょう」(芸能リポーター)

 適用開始日に22歳以上のメンバーが所属するグループ、一部個人については、すでに活動継続について合意しているというが、今後も再契約できる保証はない。Jr.は関東と関西合わせ300人いるといわれるだけに、失業するJr.も出てくるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  9. 9

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る