荒木経惟
著者のコラム一覧
荒木経惟写真家

1940年、東京生まれ。千葉大工学部卒。電通を経て、72年にフリーの写真家となる。国内外で多数の個展を開催。2008年、オーストリア政府から最高位の「科学・芸術勲章」を叙勲。写真集・著作は500冊以上。最新刊に傘寿記念の書籍「荒木経惟、写真に生きる。荒木経惟、写真に生きる。 (撮影・野村佐紀子)

<25>安らかに、の言葉通り 愛しのチロは眠るように逝った

公開日: 更新日:

 チロは、3月3日のひな祭りの前日に亡くなったんだ(2010年3月2日)。医者には腎不全だって言われたんだよ。2月の終わり頃から急に調子が悪くなってね、モノを食べられなくなって、ガリガリに痩せちゃったんだ。チロを抱っこして病院に連れて行って、入院したほうがいいって医者に言われて。でも、3日後に病院に行って、連れてきたんだよ。ケージの中で死なすのはイヤだからさ。倒れて、もう死にそうでね。でもね、やっぱり喜ぶんだよ、オレが行ったら。目を大きくして、輝いたんだよ。骨にして返してくれって病院に言ったんだけど、そうじゃなくて、連れて帰ってきてよかった。

 チロは、22年も生きて、人間の歳で言ったら100歳を超えてたから大往生なんだけどね。チロちゃんは、激しく目ん玉むいて、カーッと死んだんだよ。その後、まだ温かいうちに、ゆっくりゆっくり目を閉じて、「安らかに」という言葉の通りに眠っているように逝ったの。いつも眠っているのと似てるなーという感じでね。病院に3日間入院させて、可哀想なことをしたよ。入院なんかさせなきゃよかった。その後、ずっと悔やんでたんだよね。ずっと一緒に、いてあげればよかったってね。

ロスがないって言っても自分の写真にまた泣かされるんだよ

 チロの棺を桃の花で飾ってね、チロちゃんの本(『愛しのチロ』)を入れてあげた。亡くなった後も、物語をつくれるようにって撮っているじゃない。チロが天国で見ているんだとか、童話をつくれるわけだよ、お話を自分でね。チロちゃんの首にアラーキーのネックレスつけたりさ。自分でね、物語をつくれるように撮っているんだ。

 チロの写真ね、逆に余計思い出させられるというのはあるよね。忘れていたことまで。パーっとさ。ちょっとまあ、しんみりすることはある。やっぱりさ、喧嘩しているときの姿とかさ、そういうのあるじゃない。そういうのは余計、写真にないチロちゃんが浮かんできたりさ、するわけ。

■陽子と寝てる姿も可愛くてね

 チロが、くの字に体を曲げて、丸くなって寝てる写真あるだろ、陽子と。寝てる姿も可愛くてね。形がね。もうやんなっちゃう。残っている写真っていうのも。やっぱりね、ロスがないって言っても、これで、またね、なるんだよね。自分の写真にまた泣かされるんだよ。

(構成=内田真由美)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る