飼い主の命日直前 災害で行方不明の猫と3年ぶり奇跡の再会

公開日: 更新日:

「猫に九生あり」というけれど……米カリフォルニア州で3年前に土石流に巻き込まれて死んだと思われていた猫が生きていたことが判明! 飼い主の女性は土石流で亡くなったが、彼女のパートナーだった男性に引き取られた。

 2018年1月10日、同州ロサンゼルス北西部モンテチトで大規模な土石流が発生し、23人が死亡した。ノーム・ボーガッテロさんと、パートナーのジョシー・ゴウワーさん、ジョシーさんが飼っていた三毛猫の「パッチーズ」が住んでいた家も土石流に押し流された。

 ノームさんは助かったが、ジョシーさんは死亡、パッチーズは行方不明に。土石流に巻き込まれて死んだものと思われた。

 ところが約3年たった昨年12月、モンテチト近くのゴレタにある動物保護施設「アニマル・シェルター・アシスタンス・プログラム(ASAP)」に1匹の三毛猫が保護された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  9. 9

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る