コロナ禍に光る…仁左衛門と玉三郎の熟練された「恋模様」

公開日: 更新日:

 緊急事態宣言が出たものの、昨年のように中止にはならなかったが、第3部の終演時間が20時になったので、第1部の開演が10時半になった。こんな早くから芝居を上演しているのは、世界中でも歌舞伎くらいではないだろうか。そのせいもあるのか、第1部はあまりお客さんも入っていなかったが、第2部と第3部は盛況だ。

 第1部の「泥棒と若殿」は、しばらく上演されていなかったのを、坂東三津五郎が尾上松緑を相手にして復活させたもので、それを三津五郎の子の巳之助が継いだ。いまの巳之助はまさに「若殿」の年齢なので適役。軽い、笑わせる役が多いが、こういうシリアスな役もできる。他に「本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)」。

 第2部は仁左衛門と玉三郎で鶴屋南北の「於染久松色読販(おそめひさまつうきなのよみうり)」と「神田祭」。歌舞伎座はコロナ対策で掛け声が禁止され、当初は物足りなく感じたが、半年も続くとそれにも慣れてくるから、恐ろしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    フジ女子アナにステマ疑惑…花形職業の凋落で自覚マヒか?

  10. 10

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

もっと見る