井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

今の資本主義では限界…久しぶりに地球の未来まで考えた

公開日: 更新日:

 ナニクソめ! とコロナにめげず、映画「無頼」は現在も順次公開中だ。本日から東京の渋谷アップリンクというミニシアターでまた上映される。うれしいことだ。なにせ、「ヤクザと家族」とかいうファミリー向けの任侠ドラマとは多分に中身が違うし、「無頼」はリアル過ぎてR15の烙印を食らったシロモノ。宣伝費も少なく単館系でしかやってもらえない。でも烙印付きの分、見ごたえもあるし、未見の人は見に行って欲しい。損はさせません。とは言いながら、この映画パンフレットが業界一高値で税込みで2200円するんだわ。これが一番ヤクザなことってか。いやいや、とても読みごたえのあるものになってるし、一家の舎弟頭や若頭やヒットマン役の無名役者たちの、井筒組の現場を暴露した座談会もオモロいので、お買い求めいただければと。

 映画パンフを不要なコンビニのレジ袋と一緒にされては困るが、日本のある若い経済思想学者が今のこの経済活動じゃ、つまり、無限に利を追う資本主義システムのままじゃ、もう地球は限界。毎年の異常気象、大型台風や豪雨に氷河の崩壊、森林破壊でウイルスパンデミックと、この先どうにもならなくなると警告していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

もっと見る