井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

8年ぶりの新作映画「無頼」フィルムは情感の色を表現する

公開日: 更新日:

 ここ半年間、映画館で大人が見られる映画がほんとになかった。今も、興行界はアニメに席巻されて、他には犯人捜しのドラマぐらいか。これは多くのアメリカ映画勢が本国のコロナ規制で公開中止されたままで日本公開のメドも立たないからだろうか。11月末まで待たせていた「007」もまた更に来年に延びている。そら、2億5000万ドルかけた大作だし、今、無理に封切って感染爆発でも起こしたら元も子もないし、ド赤字をこくだけだ。春まで待つしかないだろう。

 おかげで我らの新作「無頼」は肩身が少し広くなって、来月の12日から映画のコンビニ(シネコン)とは無縁の単館ながら、東京、横浜を皮切りに全国順次公開となった。ここは一つ、お客さんに「007」はしばし忘れてもらって、こっちに足を運んでほしい。ボンドみたいに大英帝国お墨付きの殺し屋みたいに跳んだりはねたりはできない、地べたを這いずり回るのが精いっぱいだったケチな無法者たちの物語だけど、ご高覧、お願いしときます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る