出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

公開日: 更新日:

「真偽は別として、出川さんサイドだってこのままスルーして、なかったことにはできないでしょう」と、芸能ライターのエリザベス松本氏はこう続ける。

「視聴者だって、出川さんがCMやバラエティー番組で明るく振る舞っていても、以前のように素直には見られないはず。謝罪会見までは必要ないでしょうが、何かみそぎのようなものがないと、モヤモヤした感じが残ってしまいます。ネット上には〈出川も他のオジサンと変わらないんだね〉なんてネガティブな書き込みも少なくありませんからね。放っておくと、CMなど今後の活動に悪影響が出てくる可能性もあると思います」

 せっかく好感度タレントに上り詰めたのに、再度キモいキャラに転落。一番深手を負うのは出川になりかねない。ある構成作家が言う。

「みそぎというわけじゃないですが、業界内でささやかれているのが、誰か大物芸能人に“救いの手”を差し伸べてもらうというアイデアです。番組内で『調子に乗っているからこんな騒動になる』なんて感じで突っ込んでもらって、出川が『お騒がせしちゃって、ホントすみません』と“リアルガチ”で焦っている様子を見せることで、多少のガス抜きにはなるのでは、というのです。候補として名前が挙がっていたのが、デヴィ夫人とか有吉(弘行)さんですね」

 確かに、デヴィ夫人が「出川、アンタ、だめねえ」と突っ込んで、出川が困り果ててしまう姿は目に浮かぶ。いずれにせよ、針のむしろから抜け出すためには、何かきっかけが必要だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  2. 2

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  3. 3

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  4. 4

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  5. 5

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  6. 6

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  7. 7

    菅政権ブチ上げ「五輪期間テレワーク」計画に怒りの声噴出

  8. 8

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  9. 9

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  10. 10

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

もっと見る