日テレ「イッテQ!」失速…テレ朝“ウラ”に惨敗続き真っ青

公開日: 更新日:

 日本テレビが悲鳴を上げている。視聴率3冠王の礎となってきた「世界の果てまでイッテQ!」が大ピンチなのだ。

 問題視されているのが4月18日に放送された番組視聴率。日本テレビが最近、錦の御旗のように掲げてきた“個人視聴率”で、ライバルの「ポツンと一軒家」(テレビ朝日系)に惨敗を喫したという。その数字は「イッテQ」が世帯視聴率12.5%、個人視聴率8.9%なのに対し、「一軒家」は同じく16.7%と9.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ=以下同)。

「世帯視聴率で『イッテQ』が『一軒家』に連敗しているのはもはやルーティン。4月の放送分で言えば、4月4日OA分は『一軒家』の世帯視聴率15.3%。日テレは全局のGP帯番組を集めた特番『日テレ系人気番組春のコラボSP!』(『イッテQ』も参加)が世帯11.1%。4月11日OA分は『一軒家』は世帯15.5%、『イッテQ』が世帯13.5%です。それでも個人視聴率では、日テレが常に1~3ポイント分は勝っていた。例えば、11日OA分では『一軒家』の個人が8.8%、対する『イッテQ』の個人は9.4%といったところです」(番組制作関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る