米倉涼子にまた「ドクターX」復活説 “綾瀬発言”で現実味

公開日: 更新日:

 連ドラから遠ざかっている“視聴率女王”米倉涼子(45)が最近、テレビ番組で「ライバル女優」の名を出したことで、地上波作品本格復帰への期待がにわかに高まっている。その場合は、あの“怪物ドラマ”になる可能性があるという。

「米倉は4月26日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)で対抗心をチラつかせつつ、綾瀬はるかの名を唐突に出したのです。日ごろから、自身が刺激を得るために“悔しいこと”をあえて探していると明かしたのですが、その中で〈例えば(同番組に3月に出演した)綾瀬さんは面白かったのに、私はダメだったとか〉などと、“悔しいこと探し”の例を挙げたのです」(テレビ誌ライター)

 米倉は昨春、大手事務所から独立し、個人事務所で活動中。女優業と社長業の両立に苦闘している。

「米倉が“悔しさ”を感じうる相手としてわざわざ綾瀬の実名を挙げたということは、ライバル女優として強く意識していることの裏返しでしょう。確かに綾瀬は、今年1月期の主演連ドラ『天国と地獄』(TBS系)で期間平均視聴率約15.5%を記録。“視聴率女王”米倉の座を脅かす最有力女優に成長しています。米倉が、最も焦りを感じる相手だと言えます」(芸能ライター・吉崎まもる氏)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?