米倉涼子にまた「ドクターX」復活説 “綾瀬発言”で現実味

公開日: 更新日:

 連ドラから遠ざかっている“視聴率女王”米倉涼子(45)が最近、テレビ番組で「ライバル女優」の名を出したことで、地上波作品本格復帰への期待がにわかに高まっている。その場合は、あの“怪物ドラマ”になる可能性があるという。

「米倉は4月26日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)で対抗心をチラつかせつつ、綾瀬はるかの名を唐突に出したのです。日ごろから、自身が刺激を得るために“悔しいこと”をあえて探していると明かしたのですが、その中で〈例えば(同番組に3月に出演した)綾瀬さんは面白かったのに、私はダメだったとか〉などと、“悔しいこと探し”の例を挙げたのです」(テレビ誌ライター)

 米倉は昨春、大手事務所から独立し、個人事務所で活動中。女優業と社長業の両立に苦闘している。

「米倉が“悔しさ”を感じうる相手としてわざわざ綾瀬の実名を挙げたということは、ライバル女優として強く意識していることの裏返しでしょう。確かに綾瀬は、今年1月期の主演連ドラ『天国と地獄』(TBS系)で期間平均視聴率約15.5%を記録。“視聴率女王”米倉の座を脅かす最有力女優に成長しています。米倉が、最も焦りを感じる相手だと言えます」(芸能ライター・吉崎まもる氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る