船越英一郎は「松居劇場」のナマ傷いまだ癒えず…独り暮らしでチワワを愛でる意味深

公開日: 更新日:

「僕はホームセンターが大好きで、しょっちゅう出没してます。家の掃除や片づけが趣味になっていて、さまざまな用具が必要になるんです」

 船越英一郎(61)は写真誌「フラッシュ」の取材にそんな近況を語っている。チワワ犬を飼うようになり、ペットグッズを買い求めたり、生け花も始め、週に1回は生花店にも通っているのだとか。「十津川警部の事件簿」シリーズの1年半ぶり第2弾「悪夢」が22日夜、テレビ東京系でオンエアされるので、その宣伝を兼ねてのインタビューなのだろう。

「コロナ禍もあって、2時間ドラマの帝王の異名を持つ船越さんも、なかなか活躍の場が少ない状況が続いています」(スポーツ紙放送担当記者)

 ひとり暮らしのこと、2時間ドラマのクライマックスの定番、崖のシーンでのエピソードを並べたが、どうしてもNGワードが見え隠れしてしまう。

「ひとり暮らしになったのは、松居一代さんとの泥沼離婚劇を経てのもの。2017年暮れに離婚成立後、ようやく落ち着いた生活を見いだしたということでしょうけど、落ち着いても松居さんとのことは口にするのも嫌なのでしょう」と、女性誌の芸能ライターは推し量る。ツイッターにブログ、ユーチューブで船越への恨みつらみを発信し、それをワイドショーが全国に流した「松居劇場」の際、船越はNHK総合のお昼の生バラエティー「ごごナマ」に出演していた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか