花岡優平さんの“音楽の扉”を開いた ザ・カーナビーツ「好きさ好きさ好きさ」の衝撃

公開日: 更新日:

花岡優平さん(作曲家、シンガーソングライター/70歳)

 秋元順子が歌うヒット曲「愛のままで…」は今も中高年に大人気。作詞&作曲を手がけたのは今月古希を迎えたばかりの花岡優平さんだ。グループサウンズ全盛の中学時代に聴いたザ・カーナビーツの「好きさ好きさ好きさ」が音楽への扉を開いた一曲だという。

 ◇  ◇  ◇

 僕は大分・別府の出身です。音楽との出合いは5、6歳の頃。叔母がアメリカの軍人と結婚したのですが、2人が付き合っていた頃によくウチに来て、キューバのマンボとかペレス・プラードのレコードを持ってきて聴かされました。

 ところが、そんな生活も小学2年の時、両親の離婚で一変します。僕と弟が父に引き取られ、3年後には父が再婚して子供も2人でき、僕と弟は家族の輪から外れた感じになって。自我に目覚めたのはその頃。5年生の時に合唱団に入って「かあさんの歌」を歌った時は心に響きました。音楽はいいな、人は歌に救われると思いました。

 中学では吹奏楽部に入りました。「闘牛士のマンボ」を演奏した時、そういえば、叔母と彼がいつも聴いていたのを思い出し、音楽の楽しさを知るわけです。そうこうしているうちに思春期を迎え、自分の居場所がない家庭に不満が爆発、グレる。家庭内暴力という形で。父や新しいお母さんと取っ組み合いのケンカもしました。

 そんな時、出合ったのがザ・カーナビーツの「好きさ好きさ好きさ」。当時は石原裕次郎が「嵐を呼ぶ男」でドラムを叩き、小林旭が「渡り鳥」シリーズでギターを弾いていましたが、演出の部分があるのは子供心にもわかった。だからアイ高野がリアルにドラムを叩いて「おまえのすべ~てを」と絶叫する姿に衝撃を覚えました。面白い、こんな音楽もあるんだとその時代の先鋭的なものに魅かれたんですね。

 それでつい初めてレコードを買ったというのが音楽人生の始まり。不思議なんですけど、初めて買ったレコードははっきり思い出せるのに2枚目は覚えていない。でも、当時はリアルにお小遣いを貯めるかバイトをやって努力して買った。喜びの重さが今とは違うかな。あの曲を聴いた時のインパクトは特別で、音楽を一生やっていくと決めました。それが音楽人生というジグソーパズルの最初のピースです。

 中学を出た後は東京に出ました。吹奏楽部の恩師が東京には働きながら昼は学校に行ける奨学生制度があると教えてくれて、新聞配達をやりました。大分を出る時は悲しかったですね。実の母と叔母が僕を見送るために、駅のプラットホームの前方の電圧器が入っている小屋のところに、隠れるように立っていた……。僕はそれを知らなくて、汽車が通り過ぎようとした時に初めて気がつき、手を振っている姿を見つけたんです。ビックリもしたけど、涙が止まりませんでした。

 21歳まで新聞配達を続けて「音つばめ」というグループで1978年にデビューしました。同期はサザンオールスターズです。活動したのは10年くらいで10枚シングルを出したけど、全然、売れなかった。幸運だったのが81年に作った「愛の終りに」という曲が大手芸能プロの目に留まったこと。高田みづえのシングルにしたいという。事務所も力を入れ、この曲がヒットし、歌うより書く方がいいかもと作曲家に転身することができました。

突然死した弟の遺言と秋元順子との出会い

 その後はNHKの「おかあさんといっしょ」のレギュラーになって「今月の歌」を毎月書いてなんとなく食べることができた。そして、2017年前に心臓発作で突然死した弟が紹介してくれたのが秋元順子さん。弟は秋元さんの事務所の社長をやっていました。

 ライブを見ていい声だなと思いました。それでアレンジを担当したのが05年の「マディソン郡の恋」です。秋元さんの2枚目の「雨の旅人」から作詞・作曲・編曲をやって、3枚目が08年の「愛のままで…」。ご存じのように紅白で歌って大反響を巻き起こし、ヒットチャートを独走しました。

 そのご褒美で、12年にキングレコードが僕のアルバムを出してくれました。その時、亡くなった弟が「兄貴、いい歌だから入れた方がいい」と遺言のように言っていたのが「恋ごころ」です。同時にユーチューブでも流したのですが、これまで230万回もアクセスがあって今も増え続けています。

 実は2年前、楽屋でホタテの煮物を食べて喉に詰まらせ、危うく死にかけました。それでボイストレーニングをしたら声が出るようになって。さらにキングからこの曲を世に問うてみませんかと言われ、リリースすることになりました。

「恋ごころ」は、恋の入り口はアイコンタクトから始まるというのがテーマ。アイコンタクトに年齢は関係ない、あの人の瞳を惑わせることができたら……。音域がとても狭いので、声が出ない人にも歌いやすい歌です。

 ひどい目に遭ってもいいから新人と同じように、面白がってどぶ板キャンペーンをやろうと思っています。70歳で新しい挑戦をできるだけで得な人生です。これが僕の最後のピースです。

 (聞き手=峯田淳/日刊ゲンダイ)

■1月12日リリース「恋ごころ」

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

  2. 2
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  3. 3
    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

  4. 4
    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

  5. 5
    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

  1. 6
    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

  2. 7
    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

  3. 8
    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

  4. 9
    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

  5. 10
    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ  “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?

    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?