高倉文紀
著者のコラム一覧
高倉文紀美少女・女優評論家

札幌市生まれ。美少女・女優評論家。Webサイト「タレントパワーランキング」(アーキテクト)(https://tpranking.com/)、雑誌「日経エンタテインメント!」(日経BP社)などで女優や女性アイドルの取材・評論を手がける。発売中のスコラムック「女子ラジオvol.1」(辰巳出版)では坂道シリーズのメンバーらのインタビューを担当したほか、1970年代以降の女性アイドルによるラジオ番組の歴史をたどった18ページにわたる特集記事を執筆。

テレビ東京の田中瞳は「最強の女子アナ」になる可能性を秘めた逸材

公開日: 更新日:

 最近のキー局の女性局アナは、幅広い層に支持されている水卜麻美日本テレビ)や弘中綾香テレビ朝日)を除くと、全体的に小粒な印象は否めない。ここ数年に入社した各局の女性アナウンサーを見ると、「どのような人を採用してアナウンサーとして育てていけばいいのか」という人事戦略に迷いが感じられる。

 理想としては、水卜麻美アナのような「親しみやすさ」、フジテレビ局アナ時代の加藤綾子の「華(タレント性)」、大江麻理子テレビ東京報道局)の「アナウンス力」、そして弘中綾香や元TBS田中みな実のような「ユニークな個性」をすべて持ち合わせている女性アナが出てくれば、大きな注目を集めるだろう。

 これらの先輩方と比べるとまだまだ成長中の段階だが、そのすべての要素の可能性の芽のようなものを秘めているのが、テレビ東京の田中瞳だ。

 1996年9月16日生まれ、東京都出身。2019年に入社して、同年8月には早くも「モヤモヤさまぁ~ず2」の4代目アシスタントに抜擢された(初代は大江麻理子)。

 その後、都内の電車内モニターで放送されている「日経電車版」のナビゲーターにも起用され、車掌の制服姿が似合っていて、「通勤電車の癒やし」と呼ばれていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

  2. 2
    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

  3. 3
    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

  4. 4
    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  1. 6
    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

  2. 7
    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

  5. 10
    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか

    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか