肩透かしだったNHK紅白出場者…中森明菜、松田聖子、ユーミンはどうなるのか?

公開日: 更新日:

 今週「第73回紅白歌合戦」の出場歌手が発表された。紅組21組、白組21組、そして特別企画の氷川きよし。全43組が日本の大晦日を盛り上げる。

ジャニーズの多さは例年のことですが、今年はさらに増えて6組になった。それに加えてK-POPアイドルの勢いがすさまじいですね。IVE、TWICENiziU、LE SSERAFIMのガールズグループが4組も出場しますが、そもそもグループ名がなんと読むのか、何人組なのか、メンバーの名前すらわからない中高年が大半でしょう。若者人気は絶大と言われても、デビューして2カ月足らずのグループが出場するって、選考基準はどうなっているんでしょうか」(芸能リポーター)

 一方で、肩透かしといえるのがスターたちの存在。下馬評に上がっていた50周年の松任谷由実、40周年の中森明菜、昨年、娘の沙也加が亡くなって出場を辞退した松田聖子らの名前が見当たらない。

 アニバーサルイヤーの明菜は新しい事務所を立ち上げ、心機一転、再登場を模索していたはずだった。今年はNHKも3回にわたって明菜の過去の映像を放送し、2014年の紅白以来、8年ぶりの出場に期待を寄せる声が大きかった。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント