松本潤の刺し身の“ツマ”にされたキムタクの胸中…NHK大河「どうする家康」いよいよスタート

公開日: 更新日:

 嵐の松本潤(39)が主演するNHK大河ドラマ「どうする家康」の放送が8日の日曜から始まるが、目下、“関係が微妙”と囁かれているのが、マツジュンと同じジャニーズ事務所に所属する木村拓哉(50)。2人の仲をにわかにあおり立てる報道もあり、関係者は神経をとがらせているという。

 木村と松本はこれまで不仲説など報じられたことはなかったが、騒動の発端は、一部メディアが報じたあるPR記事だったという。

 NHKは「どうする家康」の初回放送日に、物語の舞台となる東海地区で松本ら出演陣が参加するパブリックビューイング&トークショーを開催。無料で参加者を募った。

「ところが定員900人に対し応募者は196倍の17万6593人。ものすごい数が集まってしまったんです」(週刊誌記者)

 問題はこの後。松潤人気がいかにすごく、しかも「どうする家康」がどれだけ視聴者の関心を集めているのかを、一部メディアが先輩である木村をダシにして記事にした。

「木村も昨年11月、主演映画『THE LEGEND&BUTTERFLY』のプロモーションを兼ねて岐阜県岐阜市で開催された“ぎふ信長まつり”に織田信長役として参加した。その時は、優先観覧席が定員1万5000人のところ96万6555人の応募があった。倍率は64.4倍。この結果を松潤の方がキムタクよりはるかに高い倍率だったと強調して取り上げたのです。そもそも定員が10倍以上違う上、さらに、応募総数は松本が17万人で、木村が96万人。予算も松本は300万円で木村は1億円。イベントの規模も全く違っていて、比較対象になるような話ではありません」(前出の週刊誌記者)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路