「キムフク戦争」の次は…夏ドラマの注目はフジ月9仁村紗和、月10小芝風花の“演じ分け”

公開日: 更新日:

 春ドラマはクライマックスへ。と同時に、7月スタートの夏ドラマ情報の露出もじわじわ増えてきた。中でも、世帯視聴率では独走中のTBS日曜劇場「ラストマン─全盲の捜査官─」の次、堺雅人(49)主演の「VIVANT」が最注目作だろう。

「堺主演で大ヒットした『半沢直樹』の演出を務めた福澤克雄氏が原作・演出を務めること以外、内容の詳細は明かされていません。ですが、“半沢コンビ”に加え、阿部寛二階堂ふみ松坂桃李役所広司といった豪華な共演陣とあれば、むしろ“絶対にコケるわけにはいかない”でしょうね」(広告代理店関係者)

 TBS局内では「久々の20%超え」が期待されているようだ。

 一方、木村拓哉(50)主演「風間公親─教場0─」が思わぬ苦戦となったフジテレビ月9の次回作は、森七菜(21)&間宮祥太朗(29)ダブル主演の「真夏のシンデレラ」。「ビーチボーイズ」(1997年)、「サマーヌード」(2013年)など、往年の月9を思わせる若い男女の恋愛群像劇だ。

 共演は神尾楓珠(24)、吉川愛(23)、萩原利久(24)、白濱亜嵐(29)、仁村紗和(28)、水上恒司(24)で、真夏の海を舞台にした《キュートでロマンチックな“月9”王道のラブストーリー》(公式HPより)。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

  2. 2
    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

  3. 3
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  1. 6
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  2. 7
    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

  3. 8
    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  4. 9
    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

  5. 10
    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める

    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める