魔性の女・蒼井優は健在! NHK「ブギウギ」の大和礼子は「フラガール」を彷彿させるハマり役

公開日: 更新日:

 2日にスタートしたNHK連続テレビ小説「ブギウギ」。梅丸少女歌劇団(USK)のトップスターの大和礼子を演じる蒼井優(38)に《オーラがすごい》《「フラガール」を思い出した》と称賛の声が上がっている。

 蒼井は2019年にお笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(46)と結婚し、昨年、第1子を出産した。育児休暇明けの復帰作が「ブギウギ」になるが、放送開始に合わせてメディア露出も増やしている。

 9月29日に放送された同局のバラエティー番組「チコちゃんに叱られる」にも朝ドラの番組宣伝をかねてゲスト出演。子守唄についての育児相談はもちろん、独身時代には“芸能界一のモテ女優”とも呼ばれた片鱗を垣間見せるもトークも披露した。

 チコちゃんから「優ちゃんはさ、男性の先輩と食事に行ったときに、気まずくなっちゃって。友だちに『異性の先輩とおしゃべりするとき、どんな話がいい?』ってメールを送ったんだけど、そのメールが間違えてその先輩に送っちゃったんだって?」とドッキリさせる鋭い質問が飛び出すと、蒼井は驚きながらも「ホントはもう一人来る予定だったんですよ。その方が遅れちゃって。私、その先輩とプライベートで会うの初めてだったから、もうどうして良いかわからなくて。その先輩がお手洗い行かれたときに、友だちに聞こうと思って『なんか話題ない?』って。先輩が戻られて、『おつかれさまです』とか言ったら、『ボクに間違って送ってませんか?』って言われて……」と状況を説明。その時の自身の対応についても『いや…もう…飲んでください…って言って、すっごい優しい先輩だったから、じゃあ飲みましょうって言って…もうしこたま飲みました』と言い、笑い飛ばした。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ