嵐の長すぎる“復活匂わせ”に《会費払い続ける私たちは騙されてる?》とファン我慢の限界

公開日: 更新日:

 活動休止中の嵐を巡る報道で、ファンの心中は穏やかではないようだ。10月19日発売の『週刊文春』に、櫻井翔(41)が新エージェント会社との契約を渋っていると報じられた。しかし、櫻井は10月2日のジャニーズ事務所の会見直後に、キャスターを務める『news zero』(日本テレビ系)に生出演し、「嵐5人で(事務所から)説明を受けた」と発言したことで、《再結成か?》とファンに期待を持たせたばかりだった。

 さらに10月17日発売の『女性自身』が、宮古島から帰京した大野智(42)の近影を掲載。アイドル時代の面影のないワイルドな姿に、ネットでは驚きと同時に《そろそろ彼を開放してほしい》という声があふれている。

「嵐は2020年末に活動を休止し、今年は結成25周年イヤーに突入。当初は、今年の年末にも再始動かと言われていました。ですが、休止後は4人で活動することもなく、個々が活躍する中で、グループ5人での復活を心待ちにするファンは半分諦めつつ、"復活ライブ"などが実現したときのためにファンクラブを更新し続けていました。まもなく3年、メンバーからは復活を匂わせる発言がありながら、解散の可能性も報じられる現状。さすがに"やるやる詐欺"と辟易し、『もう更新はしない』という長年のファンの声も聞かれます。とくにいまは、社名を『SMILE-UP.』に変更したばかりで、ファンクラブ会費の使い道にも疑問が持たれています。旧ジャニーズ事務所の負の遺産である被害者への補償などのために『解散させられないだけでは?』と、我に返ったファンも少なくありません」(女性誌編集者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 2
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  3. 3
    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

  1. 6
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 7
    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

  3. 8
    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

  4. 9
    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う