てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年生まれのテレビっ子ライター。「芸能界」というビジネスは、いかにして始まったのか。貴重な証言を収録した「芸能界誕生」(新潮新書)。伝説の番組「アメリカ横断ウルトラクイズ」を基に描く青春群像ノンフィクションノベル「史上最大の木曜日 クイズっ子たちの青春記」(双葉社)。2つの最新著が絶賛発売中!

「刹那に生きる」ヒャダインの根底には「絶望と破壊願望」がある

公開日: 更新日:

「セーラー戦士が勝てないんなら、俺が受験に勝てるわけないじゃんと思ってしまって」
 (前山田健一/日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!」2月6日放送)

 ◇  ◇  ◇

「ヒャダイン」の名で活躍する音楽クリエーターの前山田健一(43)。3歳の頃からピアノを始め、中高一貫校の大阪星光学院に進学、そして京大卒業という華麗な経歴を誇る。しかし、中学受験は人生における大きな挫折だったと振り返った。第1志望や第2志望も落ち、滑り止めさえ落ち、絶望。追い込まれて10時間以上、勉強していたという。

 唯一の息抜きで見たのが、テレビ朝日系のアニメ「美少女戦士セーラームーン」。ちょうど最終回間際で、どんどんセーラー戦士たちが残酷な形で戦死していく回だった。それを見て思ったことを回想して語った言葉を今週は取り上げたい。そこから一切、勉強をしなくなったヒャダインは「もうどうにでもなれと思って、試験場でもものすごくリラックスしてやったら逆に通った」と続けた。

 中高生時代にも別の「絶望」が待っていた。友達付き合いは苦手で、ズッとスクールカーストは中の下。ついには友人に「お前は友達ランクBだから」と言われてしまう。だから「高校時代は暗黒、ドブでした」(朝日新聞社「withnews」2015年1月14日)と振り返る。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

  2. 2
    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

  3. 3
    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

  4. 4
    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

  5. 5
    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

  1. 6
    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

  2. 7
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  3. 8
    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

  4. 9
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  5. 10
    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ

    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ