今年は「1984年デビュー組」が40周年…“黄金時代”をプロアイドルヲタクが振り返る

公開日: 更新日:

 80年代アイドルが“デビュー○周年”など周年を迎えることが続いているが、今年は、1984年デビューのアイドルが40周年を迎える年。菊池桃子荻野目洋子、長山洋子、岡田有希子ら、男性では吉川晃司あたりがそうである。

 この頃は各テレビ局が主催する音楽祭がこぞって行われていた。その年のヒット曲を歌った歌手のトップを決める番組だ。今では「輝く!日本レコード大賞」(TBS系)くらいしか残っていないが、80年代は、各局が大きな盛り上がりを見せていた。特にその年にデビューした新人の中で、トップを狙う「新人賞」は見どころだった。

 84年の新人賞レースでは、本命はデビュー前から雑誌のイメージガールや映画「パンツの穴」で主演した菊池桃子といわれていた。圧倒的な歌唱力で美少女ぶりが名高かった岡田有希子(故人)が対抗とされていた。新人賞はこの2人のマッチレースが予想されたが、菊池がまさかの賞レースを辞退することに。岡田の対抗として出てきたのが吉川晃司だった。吉川は映画の主演と同時に歌手デビュー。毎年のようにジャニーズのアイドルが新人賞候補に出ていたが、この年はジャニーズ不在となり、吉川が注目を浴びていた。結局、この年の「レコード大賞」は、岡田由希子が受賞した。

 新人賞には及ばなかったが、荻野目洋子や長山洋子なども健闘した。荻野目はアイドル街道をひた走っていたが、ある時期からほとんど見かけなくなった。数年前にバブリーダンスで「ダンシング・ヒーロー」が起用されたことなどがあり、再び注目を浴びるようになった。長山はまさかの演歌歌手に転身。これまでのイメージをいい意味で覆してくれた。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

  2. 2
    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

  3. 3
    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

  4. 4
    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

  5. 5
    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

  1. 6
    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

  2. 7
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  3. 8
    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

  4. 9
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  5. 10
    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ

    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ