香川照之には「ゴキブリ先生」があるじゃないか! 本格復活のカギに? CMでも浅からぬ縁が

公開日: 更新日:

 俳優の香川照之(58)の近況が話題だ。「フライデー」2024年6月7日発売号は、5月下旬に同誌記者が閑静な住宅街で遭遇したというロン毛で茶髪の香川の姿を写真付きで報道。これまで黒髪でドラマに出演してきただけに、その変貌ぶりに注目が集まった。

 香川といえば22年8月、東京・銀座の高級クラブでの狼藉を「週刊新潮」に報じられて芸能活動を休止。同年12月に歌舞伎俳優・市川中車としての活動については再開しているものの、テレビへの復帰はいまだにかなっていない。

 最後の出演作は騒動によって途中降板した22年放送のドラマ「アトムの童」(TBS)だ。以前の勢いを取り戻したとは到底いえない状況だが、広告代理店関係者は香川がかねてから大切にしている昆虫への探求心を基にした「起死回生の一手」を提案する。

「騒動前、香川は昆虫好きを生かして『カマキリ先生』というキャラクターでEテレの『香川照之の昆虫すごいぜ!』に出演していましたが、カマキリの近縁種である『ゴキブリ先生』としてテレビ界で“再デビュー”するのです。唐突にも思えますが、図鑑などでゴキブリとカマキリはともに『網翅上目』に分類され、系統図は隣同士。カマキリ先生が闇落ちした姿にはうってつけなのです。その姿でバラエティー番組に出演し、共演者からドツかれるなどして視聴者の笑いを誘い、機を見てドラマへの復帰を果たすのです」

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変