板野友美の変幻自在フリーダム人生 11年ぶり奇跡のグラビア復活にも“隠し球”仕込み中か?

公開日: 更新日:

 元AKB48でタレントの板野友美(32)が先日、「週刊ヤングマガジン」の表紙・巻頭グラビアに登場した。11年前を最後にグラビア活動をしていなかったが、いきなりの登場でファンを驚かせた。

 言うまでもなく、板野といえば、AKB48全盛期「神7」と呼ばれたメンバーのひとり。2013年のグループ卒業まで、ギャル系キャラとして人気を博していた。

 グループ卒業後はソロアーティストとしての活動をスタート。以降もブランドアンバサダー、モデルなどの活動。さらに自身が手掛けるブランドの会社を設立。

 21年にはプロ野球選手と結婚。お相手は東京ヤクルトスワローズの高橋奎二選手。結婚した当時は一軍に定着していない選手で、名前を聞いてもピンとこなかった人も多かったと思うが、板野の内助の功(?)もあったか、まさかのWBC(ワールドベースボールクラシック)に選出。世界一のメンバーとなり、板野は“野球妻”として名を上げた。

 芸能人が副業でやりそうなことはすべて経験、さらにプロ野球選手と結婚、いろんなことに挑戦してきて、もうやることがないんじゃないかと思われていたが、今年1月に、板野の妹分グループとして「RoLuANGEL(ロールエンジェル)」を発足させた。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差